社会保険労務士(社労士)顧問なら江東区のアクト労務経営
労務顧問+給与計算が2万円から
お気軽にお電話ください。03-3604-5148 お問合わせ時間/平日9:00~18:00 〒1136-0071 江東区亀戸7-8-9
社会保険労務士は東京のアクト労務社会保険・労働保険の手続き一覧出産後の保険料免除申請

社会保険・労働保険関係の手続き案内

出産後の保険料免除申請の詳細

提出事由

社員が育児休業中は社会保険料(厚生年金、健康保険)の納付が免除されます。事業主負担分のこの申請により免除となりますので忘れずに申請して下さい。

出産後の保険料免除申請

提出先

年金事務所

提出期限

育児休業に入ったら直ぐ、2年以内

添付書類

特になし

社会保険労務士から見た申請のポイント

この制度現在改正が検討されています。改正後は産前産後期間中も保険料免除になる予定です。

短期の育児休業でも保険料は原則免除

最近は「育メン」育ジ―、育バーなどの言葉がはやっていますが、男性が育児休業を取る場合も保険料は免除されます。ただし、育児休業が短期で、取得した月と同じ月に育児休業が終了する場合は、原則保険料が免除になりません。

育児休業中に賞与が支払われた場合は?

育児休業中に賞与の支給日が有る場合は、賞与の保険料も免除となります。といっても育児休業期間中に賞与を支給する会社は稀です。但し法律上は、育児休業を取得に対する不利益は出来ませんので、ホワイト企業の担当者様は、按分(例えば評価期間の半分を産前産後・育児休暇で休んだ場合は通常者の半額など)して支給をお願い致します。

お問い合わせ

アクト労務経営センターのホームページをご覧いただき、ありがとうございます。サービス内容や費用などご不明点につきましては、お気軽にご相談下さい。

代行・アウトソーシングのお問い合わせはこちら